愛人女性になる女性の特徴

愛人女性になる女性にはいくつか共通点があるように思います。
まず、親にあまり可愛がってもらえなかったかもしれないということです。愛人女性の相手の男性はだいたいかなり年上です。男性の方としてもそれで喜ぶ関係ではありますが、普通の恋愛関係とは違う感じです。同等ではなく、親子のようなおかしな男女関係です。男性側は恋人気分かもそれませんが、女性側は子供の頃のお父さんを連想して一緒にいるように思えます。そして、その男性からは自分が飢えていた温かい家庭の香りがするのです。自分で気づかないうちに、お父さんのような温もりを感じられる相手を選んでいるかもしれません。
そして、人のものだから欲しくなる...というところです。誰かが持っているものばかり欲しがる子供がいますが、そのまま大人になってしまったようなタイプです。こういう愛人女性と付き合うと、その男性は最悪最後はひとりぼっちになることがあります。奥さんがいなくなってしまったら、もう誰のものでもない男性には魅力を感じなくなるでしょうから。
また、ドラマの影響を受けやすい女性も愛人になってしまうかもしません。ドラマとしては、愛人という存在はそれほど珍しいものでは無いです。きれいなマンションに住んでいたりして華やかな役柄です。でも、ドラマはドラマです。
付き合い始めは軽い気持ちかもしれませんが、だんだんと不安な日々になることは分かっているのですから、家庭のある男性とは付き合わない方がいいと思います。当たり前のことですが、独身の方を探すべきですね。