既婚者の愛人になる立場を理解する

愛人というのはどうしても男の人からすると二人目の女の人という位置づけがあります。既婚者の男性の場合で愛人を作っている人は、一番は奥さんが大事そして手放したくない気持ちが強く、二番目に愛人が大事な女性という事になってきますので、愛人になる人は自分は一人目ではない事を理解して、それに耐えきれるという気持ちの強さが大事になってきます。
また、既婚者の愛人になってきますと、なかなか子供を授かるのは難しくなってきます。それは既婚者の男性の方は愛人に子供ができると家庭が崩壊してしまう可能性がありますので、子供を作ろうとはしないです。
その点も愛人になる人は理解しなくてはいけないです。もちろん、結婚というのは難しい話であって、既婚者の人は今の家庭を維持したまま愛人との関係を続けて行きたい人が多いですので、離婚して愛人と結婚するというのは可能性は低いです。
このように、我慢しなければいけない所は我慢していくというのを一つ覚えておく必要があります。また、結婚していない人の愛人であれば法的に問題ないですけど、既婚者の愛人になってきますと、民法の不貞行為になってきますので、もし相手の結婚相手に見つかって、訴えられるという事になりますと慰謝料を支払う必要がありますし、愛人関係も解消しなければいけないのでリスクはあります。
このように、既婚者の愛人というのは大変難しい立場だという事を理解して、それでも構わないという人だけが既婚者との愛人を考えるようにします。